ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

SNSについて



ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は、私たちの生活の中に広く浸透するようになりました。現在では、様々なSNSがインターネット上で提供されています。ここでは、そうしたSNSの種類やサービス内容などについて説明します。

SNSとは

SNSとは

SNSは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略称のことで、人との繋がりをインターネット上で作るコミュニティ型のWebサイトのことです。友人はもちろん、インターネット上で知り合った人と、Webサイトを介して会話や趣味などを共有することができます。ほとんどのサイトが会員制となっており、自分の情報や趣味、居住地などを登録する仕組みとなっています。

主なSNSとサービス内容

現在、様々なSNSが存在しています。ここでは、主要なSNSのサイトやサービスについて説明します。

mixi

株式会社ミクシィが、2004年2月にサービスの提供を始めたSNSです。GREEと並んで、同じ時期にSNSを開始したことでも知られています。現在は容易に登録できますが、サービス開始当初は、招待された人以外はサイトに登録できないという完全招待制で運営されていました。1,000人までの友人を登録可能で、登録した友人はマイミクと呼ばれています。他にも、同じ趣味や嗜好、興味を持つ人同士が集まるコミュニティと呼ばれるグループもあります。また、日記や写真の保存、ニュースの配信などのサービスが提供されています。

Facebook

2004年に、アメリカのハーバード大学の学生であった、マーク・ザッカーバーグさんらが開発したSNSです。開発当初はハーバード大学の学生間のみで浸透していましたが、徐々に他大学へと会員が拡大していきました。mixiではニックネームで登録できることに対し、facebookでは自分の名前を実名で登録する点が特徴です。タイムラインに、撮った写真を投稿することができ、友人たちと情報を共有することができます。また、イベントの告知や個人間でメッセージの送受信もできます。

Twitter

2006年に誕生した、ツイートと呼ばれるつぶやきを140字以内で投稿できるサービスです。Twitterには、フォローとフォロワーという仕組みがあります。他のユーザーのつぶやきを自分のページに表示できるように登録することをフォロー、自分をフォローしているユーザーをフォロワーと言います。これらの用語の他に、ユーザー宛に投稿するリプライや、発言をそのまま再投稿するリツイートなど、独特な用語があるのも特徴です。