ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

@niftyについて



今日の社会で欠くことのできないインターネットですが、そのサービスを提供するプロバイダと呼ばれる組織もまた、インターネット社会において欠かすことのできない存在となっています。現在プロバイダには様々な会社がありますが、ここでは主に、@niftyについて明記します。

インターネットサービスを提供するプロバイダ

インターネットサービスを提供するプロバイダ

インターネットの接続を希望する個人や企業などに、インターネットの接続のサービスを提供しているプロバイダは、今日までに様々な接続方法で対応してきました。その種類は、時代とともに変化を遂げ、現在では光通信が主流となり、ダイヤルアップ接続などに比べると、通信速度が速いことが特徴です。

@niftyの概要

@niftyとは、富士通の子会社、ニフティ株式会社がインターネットサービスを提供しているプロバイダです。NTTドコモがiモードの提供をスタートした1999年に、富士通のinfowebと、ニフティ株式会社のニフティサーブが統合し、infowebのサービスを引き継ぐ形で、インターネットサービスを提供したことが始まりです。2006年になると、ファイル共有ソフトのWinnyなどの帯域制限を一部の地域でスタートしたのち、翌年にはほぼ全国に広げていきました。

また、プロバイダサービスの他、ニュースや音楽、映画などの情報も提供しています。

プロバイダサービス

現在、@niftyでは、ADSL、光ファイバー、高速モバイル通信などのプロバイダサービスを提供しています。(2013年7月現在の情報)

ADSL

ADSLは、使用している電話の回線を使って、高速でインターネットサービスを提供する接続サービスです。速度や料金によっていくつかのコースが用意されています。月額2,100円から提供しているため、低価格でインターネットへの接続ができるのが特徴です。

光ファイバー

光ファイバーは、下り速度、上り速度ともに高速なインターネットへの接続をすることが可能です。画像や動画などの容量の大きなデータも、安定感のある速度で通信することができます。NTT東日本西日本を回線事業者とした@nifty光ライフ with フレッツや、KDDIを回線事業主とした@nifty auひかり、中部テレコミュニケーションを回線事業主とした@nifty コミュファ光など、各種サービスを提供しています。それぞれ、提供されるエリアが異なります。

高速モバイル通信

高速モバイル通信とは、携帯電話やスマートフォンのように、電話回線などに繋げなくても無線の電波でインターネットサービスに接続できるサービスです。接続方法は、Wi-Fiルーター、USB型接続データカードなどがあります。USB型は、パソコンのUSB端子に差し込む方法であるのに対し、Wi-Fiルーターは、スマートフォンやタブレット端末にも接続することができます。料金は月額4,000円前後となっています。