ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

au design projectとは



auとは、KDDI沖縄セルラー電話が提供する、携帯電話やスマートフォンを取り扱うブランドの総称です。ここでは、auが行なったプロジェクト、au design projectの目的や概要などについて説明します。

au design projectの概要

au design projectの概要

au design projectとは、2003年から2007年までauで行なわれていたプロジェクトのことです。高機能の携帯電話が定着していた当時、デザイン性の富んだ端末を作り出すことを目的に、プロジェクトがスタートしました。このプロジェクトから生み出された携帯電話は、ニューヨーク近代美術館の収蔵品として選ばれたこともありました。

プロジェクトが始まる2003年より前の2001年に、デザインに関する取り組みがスタートされました。これをきっかけに、派手な色彩を使った携帯電話を発表していき、2002年には、au design projectという名前が正式に使われるようになりました。その後、2003年にプロジェクト第1弾のモデルを発表しました。

au design projectで発表されたモデル

au design projectでは、様々な機種の携帯電話が発表されました。ここでは、au design projectで発売されたモデルを紹介します。

INFOBAR

2003年10月に発売された、au design project第1弾となる携帯電話のモデルです。設計と生産は三洋マルチメディア鳥取が行ないました。このデザインは、プロダクトデザイナーの深澤直人さんが手がけたinfo.barがベースとなっています。ストレートの形状で、キーボタンにカラフルなタイル型を採用しているのが特徴です。

W11k

2003年12月に発売された、プロジェクト第2弾の携帯電話です。製造は京セラです。デザインは第1弾に引き続き、プロダクトデザイナーの深澤直人さんによるもので、多面的な形が特徴です。

talby

2004年に発売された、プロジェクト第3弾となるモデルです。製造は三洋マルチメディア鳥取が行ない、プロダクトデザイナーのマーク・ニューソンがデザインを手がけました。

PEИCK

au design projectの第4弾となるこのモデルは、2005年に発売されました。楕円形の丸みを帯びた形状が特徴的で、アンテナを搭載していない携帯電話です。

neon

2005年に発売された、プロジェクト第5弾の携帯電話モデルです。スクエアの形状で二つ折りのデザインは、プロダクトデザイナーの深澤直人さんによるものです。

MEDIASKIN

2007年3月に発売された、au design projectの第6弾となったモデルです。シリコン粒子を使った手触りが印象的な1台です。

INFOBAR2

第1弾のデザインイメージを引き継いだモデルで、プロジェクト第7弾となった携帯電話です。2007年12月に発売され、全体的に丸みを帯びたフォルムが人気となりました。