ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

海外でも使用できる世界対応ケータイ



世界対応の携帯電話とは、海外旅行に出かけた際などに便利な、携帯電話事業者が行なう国際サービスです。NTTドコモKDDIソフトバンクなどで取り扱っています。ここでは、主にソフトバンクが扱っている国際サービスである、世界対応ケータイを中心に説明します。

世界対応ケータイとは

世界対応ケータイとは

ソフトバンクの国際サービスである世界対応ケータイとは、日本で使っているソフトバンクの携帯端末を海外で使用できるサービスです。海外でも同じ電話番号、メールアドレスを使うことができ、海外旅行や出張などの際にとても便利です。現在では、南・北アメリカ、オセアニア、アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカなど、様々な諸外国で利用することができます。この対応国の多さは、NTTドコモに次ぐものとなっています。

対応機種と使用料金

現在、原則として世界対応ケータイのサービスが使えるソフトバンクの機種は、iPhone、iPad、ソフトバンク3G、ソフトバンクXシリーズ、ソフトバンクスマートフォンです。なお、iPhoneとiPadは、購入したときに手続きをしていない限り、海外でそのまま使用することができます。他の携帯電話やスマートフォンでは、提携する外国の通信事業者を通じて、メールや通話などを楽しむことができます。使用する前に、まず渡航先で利用できるかどうかを確認することが必要です。そのまま使用するとパケット代が別途かかってしまうため、「海外パケットし放題」が利用できるかどうかを確認します。「海外パケットし放題」を利用する方が、パケット代を気にすることなく、スマートフォンや携帯電話を使用することができます。「海外パケットし放題」は、定額で用意されているプランです。また、接続されている通信事業者や、使い方をメールで知らせてくれる「海外パケットし放題お知らせメール」もあります。

他社の国際サービス

NTTドコモ

NTTドコモでは「WORLD WING」という国際ローミングサービスを提供しています。NTTドコモのスマートフォンや携帯電話を、提携している海外の通信事業者に接続することで、国内で使用している電話番号やメールアドレスを使用することができます。なお、NTTドコモの場合は、このサービスの申込みをしないと、海外で使うことができません。

KDDI

海外の事業者のネットワークを用いることで、通信サービスを使うことができる「GLOBAL PASSPORT」は追加の基本料金や申込みなしで利用できます。なお、対応機種によって、「GLOBAL PASSPORT」を使えない国や地域が異なってくるので、事前に調べておく必要があります。