ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

ドコモのイメージキャラクター



NTTドコモでは企業・サービスのイメージキャラクターとして、きのこ型のマスコット「ドコモダケ」を採用しています。ここではドコモダケ誕生のエピソードや、これまでの展開について紹介します。

ドコモダケの誕生

ドコモダケの誕生

NTTドコモの「ドコモダケ」は、2005年1月に登場したイメージキャラクターです。通話料金プランの無料通話分を、NTTドコモと契約している家族同士で分け合えるサービスを開始した当初、サービスを周知するために生まれたキャラクターです。サービス開始当初は、他のキャリアではまだ行なわれていなかったため、「ドコモだけのサービス」をもじって命名されました。

デザインは黒須美彦さん(シンガタ)、原田睦子さん(電通)、垣内美香さん(東北新社)の3名が担当しました。

ドコモダケファミリーの構成

ドコモダケは、家族間の無料通話分け合いサービスから発生したキャラクターだったこともあり、たくさんの家族がいます。メインになるのは「チチドコモダケ」(父)です。ドコモダケファミリーは次のような構成になっています。

  • チチドコモダケ(父)
  • ハハドコモダケ(母)
  • ショウガクドコモダケ(小学生の子ども)
  • チュウガクドコモダケ(中学生の子ども)
  • ジージドコモダケ(祖父)
  • バーバドコモダケ(祖母)
  • ムスメドコモダケ(娘・ショウガクドコモダケ、チュウガクドコモダケの姉。初登場した際には都会でひとり暮らしをして間もない設定だった)
  • カレシドコモダケ(ツッパリ系の彼氏・ドコモダケ公式サイトで2ヵ月間にわたり開催したオーディションで選ばれた。2008年にムスメドコモダケと結婚)
  • ベイビドコモダケ(ムスメ・カレシの間に生まれた子ども。2010年4月に誕生した)
  • コドモダケ(ドコモダケの新種、進化系・キッズケータイHW-02Cが発売された2011年9月に誕生。モモ(ピンク)・ソラ(青)・キイ(黄色)と3色いる)

このように、ドコモダケは大家族の設定になっています。そのため年齢別の料金プランなどを、それぞれのキャラクターが説明できるようになっているのです。

ドコモダケの展開

ドコモダケは、CMやパンフレットなどでの展開をはじめ、絵本やショートムービーなどにも登場しています。また、回線契約時などにドコモショップでもらえるノベルティとして、ドコモダケのストラップなどが登場することもあります。

ドコモ田家の登場

2013年1月からは、これまでのイラスト展開からシフトチェンジし、俳優の高橋克実さんを中心として実写化された「ドコモ田家」がCMに登場しました。登場人物は皆きのこ帽子を被り、ドコモダケが進化したという設定を表現しています。

  • チチドコモダケ(父)高橋克実
  • ハハドコモダケ(母)草刈民代
  • ジージドコモダケ(祖父)岸部一徳
  • バーバドコモダケ(祖母)藤村志保
  • ムスメドコモダケ(娘)橋本愛

また、2013年に入ってからは、人気少女コミック『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の登場人物にドコモダケ帽子を被ったイラストポスターが登場したり、48名の女性がドコモダケ帽子を被って町を歩くゲリラ行進をしたり、AKB48が表紙を飾るコミック雑誌の裏表紙で、ドコモダケ帽子を被ったバージョンを展開するなど、ドコモダケの認知度向上に力を入れています。