ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

NTTドコモの歴史



契約数にして61,795,800件(社団法人 電気通信事業者協会〈TCA〉調べ・2013年8月末現在の事業者別契約数)を抱える「NTTドコモ」は、国内トップシェアを誇る最大手の携帯電話会社です。また、日本の携帯電話において、最も歴史の古いキャリアでもあります。

NTTドコモができるまで

NTTドコモができるまで

NTTドコモの前身にあたる会社は「日本電信電話公社」です。1968(昭和43)年に日本電信電話公社がポケットベルサービスを開始してから、NTTドコモが誕生する前までの歴史は以下となっています。

  • 1968(昭和43)年7月 ポケットベルサービス開始(日本電信電話公社)
  • 1979(昭和54)年12月 自動車電話サービス開始(日本電信電話公社)
  • 1985(昭和60)年4月 民営化により日本電信電話株式会社が設立される
  • 1988(昭和63)年10月 移動通信事業部門の分社化により、エヌ・ティ・ティ中央移動通信株式会社が設立される
  • 1991(平成3)年7月 日本電信電話株式会社内に移動体通信事業本部が設置される

NTTドコモ設立以降

NTTドコモは「エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社」という社名でスタートしました。設立は1991年8月でした。2000(平成12)年4月には「株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ」に社名が変更されます。ここでは、1991年にエヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社が設立された以降の変遷を振り返ります。

  • 1991(平成3)年8月 エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社が設立される
  • 1992(平成4)年4月 エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社に社名変更される
  • 1992(平成4)年7月 携帯・自動車電話、ポケットベルなど移動通信事業スタート(NTTより委譲)
  • 1993(平成5)年3月 携帯・自動車電話のデジタル800MHz方式サービスが開始される
  • 1993(平成5)年10月 エヌ・ティ・ティ中央移動通信株式会社と合併
  • 1994(平成6)年4月 携帯・自動車電話デジタル1.5GHz方式のサービス開始、及び携帯電話の端末買取制度が始まる
  • 1995(平成7)年3月 ポケットベルの端末買取制度が始まる
  • 1997(平成9)年3月 パケット通信サービスの開始
  • 1998(平成10)年12月 PHSサービス開始(エヌ・ティ・ティ中央パーソナル通信網株式会社より委譲)
  • 1999(平成11)年2月 「iモード」のサービススタート
  • 2000(平成12)年4月 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモに社名変更される
  • 2001(平成13)年10月 「FOMA」のサービススタート
  • 2008(平成20)年1月 PHSサービス終了
  • 2010(平成22)年12月 次世代通信規格「Xi」が導入される
  • 2012(平成24)年3月 movaサービス提供終了
  • 2013(平成25)年9月 iPhoneの販売が開始される