ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

スマホで使えるアプリ(5)~Skype編~



スマートフォンにはキャリアが提供する電話機能があります。しかし、スマートフォン同士、またはスマートフォンから固定電話への通話は、固定電話同士の通話に比べると、まだまだ料金が高いのが現状です。そこで上手に利用したいのが、通話料無料の「インターネット電話」です。

インターネット電話とは?

インターネット電話とは?

インターネット電話とはその名の通り、インターネットを介して通話をする仕組みのことです。電話回線を利用せず、音声信号をデータに変換して、インターネット上でデータをやりとりします。同じアプリを入れている人同士であれば、通話料は無料です。アプリによってパソコン同士での通話やスマートフォン同士での通話、パソコンとスマホとの通話などができます。少し前までは「ネット電話は雑音が多い」「回線が不安定」という意見もありましたが、昨今の技術では電話回線とほぼ同じ用に会話できるようになっています。

現在使われているインターネット電話のアプリには、主に次のようなものがあります。

  • Skype
  • Viber
  • LINE
  • カカオトーク

中でも「Skype」はメジャーなアプリとして知られています。

Skypeとは?

Skypeは「Sky peer-to-peer」を略した名称です。peer-to-peerとは、複数間で通信を行なう構造のことを指します。アプリをインストールしていれば、スマートフォン同士はもちろん、パソコンでも無料通話をすることができます。音声通話もありますがビデオ通話機能もあり、お互いの顔を見ながら楽しく会話することができます。携帯電話や固定電話にも発信できます(ただし通話は有料です)。また、国際電話も割安になります。

設定したIDで管理されるため、相手に電話番号を知らせることなく、通話することができます。

Skypeに搭載されている機能

Skypeを使うと、通話はもちろん、チャットやビデオ通話、画像交換などもできます。電話するまでもないような用件を伝えたいときには、チャットが向いています。チャットで相手にメッセージを送ると、あとで見返したときに記録が残っているので、メモ代わりにもなります。また、チャットは複数のメンバーでやりとりすることもできるので、会議などにも活用できます。

Skypeを使うには?

Skypeはアプリをインストールして利用します。AndroidスマートフォンではGoogle play、iPhoneの場合はApp Storeからインストールできます。画面にしたがって操作するだけで、簡単にインストールをすることができ、設定も簡単です。ただし、Skypeを使用するには、インターネット回線に接続する必要があります。