ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

スマホで使えるアプリ(3)
~Facebook編~



「LINE」や「Twitter」と並び、多くのユーザーを抱えたネット上のコミュニケーションサービスに「Facebook」があります。ここではFacebookに関する基礎知識について説明します。

Facebookとは?

Facebookとは?

「Facebook」は、2004年にアメリカで誕生したインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。日本では2008年にボランティアによる日本語版が公開され、多くのユーザーを獲得しています。13歳以上であれば、誰でも利用することができます。Facebookで注目すべき点には世界的に使われているサービスということが挙げられます。サービスを開始してから5年後の2009年には、アクティブユーザーが全世界で10億人を超えたと発表されました。

「Facebook」の大きな特徴のひとつは、本名でなくては登録できないことにあります。また、プロフィール用に顔写真の掲載も推奨されており、出身地や出身学校、勤務先などの個人情報を登録することで、現実社会での知人・友人と繋がることができます。個人情報の公開範囲はプロフィール設定で変更することができます。

ここでは、「Facebook」を使う際によく利用する用語を解説します。

友達

Facebook上では、コミュニケーションを取る相手のことを「友達」と呼んでいます。基本的に友達は、実際に面識のある相手に限られます。実際に会った人やFacebook上で検索した人などを、「友達」に登録したい場合には「友達リクエスト」を送り、相手が承認すると「友達」として登録されます。

アルバム

ユーザーが登録する複数の画像をまとめたページのことを「アルバム」と言います。「アルバム」を作ることによって、手軽に「友達」と写真を共有することができます。写真には簡単な解説を加えることもできます。

いいね!

友達が投稿したコメントや写真などに対し、共感したときにクリックするボタンを「いいね!」ボタンと言います。複数の人から「いいね!」ボタンがクリックされるごとにカウントされ、その数が表示されます。

イベント

飲み会やオフ会などのスケジュールをイベントとして登録することで、友達に予定をアナウンスすることができます。イベントは友達全員に公開するか、特定の相手にのみ公開するかを自由に選べます。

ウォール

近況や写真を投稿したり、シェアしたりする場所のことを「ウォール」と言います。情報の公開範囲は投稿によって設定することができます。

Facebookページ

企業やアーティスト、番組などの公的立場にいる人が発信するFacebook上の公式ページです。サービスや最新情報などを確認することができます。