ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

スマホで使えるアプリ(2)
~Twitter編~



インターネット上でのコミュニケーションツールには、メールや掲示板、チャットなど様々なタイプのものがあります。その中でも「Twitter」は、2012年7月時点で全世界において5億人以上のユーザーを抱えている、代表的なコミュニケーションツールのひとつです。

Twitterとは?

Twitterとは?

「Twitter」は、「ツイート」と呼ばれる140文字の短いメッセージを投稿することで、他のユーザーとコミュニケーションを図ることができるSNSです。従来、インターネットで行なわれてきた掲示板やチャットによるコミュニケーションを統合したようなサービスです。鳥のさえずりやつぶやきを意味する「ツイート」という表現からも分かるように、短文を気軽に投稿できることで、リアルタイムな情報発信をすることができます。その独特かつ、シンプルな機能ゆえに、多くのユーザーを獲得しています。

Twitter用語

ここでは、Twitterを使う際によく使う用語を解説します。

ツイート

Twitterに登録したユーザーが発信する、140文字以内の短文コメントを「ツイート」と言います。投稿したツイートはWeb上で公開されているため、基本的にはユーザー以外でも閲覧できます。

フォロー

登録者が気になるユーザーや友だちなどを登録することを「フォロー」と言います。「フォロー」することで、登録した相手のツイートを相手のアカウントページに行かなくても閲覧できるようになります。また、直接の友人・知人でなくても、検索機能を使って同じ趣味や出身地などの人を探し出し、フォローすることもできます。このように「繋がっていく」ことがツイッターの大きな魅力です。自分のアカウントをフォローしてくれている人のことは「フォロワー」と言います。

タイムライン

自分のツイートとフォローした相手のツイートは、同じ画面にリアルタイムで表示されます。この機能を「タイムライン」と言います。

リプライ

「@」が頭についた特定のユーザー名で始まるツイートのことを「リプライ」(返信)と言います。これは、@の後ろに表示されたユーザー宛のツイートです。相手が投稿したツイートに対し、返事のようなツイートをするときに使います。

リツイート

自分がフォローしているユーザーのツイートを、そのユーザーをフォローしていない人たちのタイムライン上に表示させて、ツイートを拡散することができます。この機能を「リツイート」(RT)と言います。RTボタンを押すと、瞬時に情報をリツイートすることができます。

ハッシュタグ

同じ話題を共有したい場合に、「#」と半角英数字もしくは日本語のキーワードを加えてツイートすることで、検索画面などでヒットしやすくなります。この#付キーワードのことを「ハッシュタグ」と言います。ハッシュタグの前後には半角スペースを入れます。