ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

iPhoneに関する基礎知識



iPhoneは、アップル社製のスマートフォンです。ここでは、2007年に発売され、現在も数多くの人に支持され続ける「iPhone」の人気の秘訣を探ります。

iPhone誕生の背景

iPhone誕生の背景

初代iPhoneの登場が正式に発表されたのは、2007年1月です。コンベンションイベント「Macworld Expo2007」の場で、当時のCEOであるスティーブ・ジョブズによって公式に発表されました。2007年6月29日の発売当日には、商品を購入するために全米で徹夜組が出る程センセーショナルに登場しました。アメリカの次に発売されたのは、イギリス、ドイツで、次いでフランスでも発売されました。発売当初は8GB、4GBの2モデルが発売され、それぞれの価格設定は599ドル、499ドルでした。

iPhoneは、先行して発売されていたiPodに、電話機能、タッチパネルによるインターネットやメール機能を搭載したモバイル端末です。マルチタップと呼ばれる複数の指での操作で、画面の拡縮などが容易にできるなど、当時は非常に画期的な物でした。この初代iPhoneは、日本では発売されませんでした。これは、iPhoneがクワッドバンドGSMと呼ばれる通信方式を採用したためで、GSM形式の通信システムを採用していない日本・韓国・北朝鮮などでは、発売が見送られることになったためです。

日本に初上陸したiPhone3G

初代iPhone登場の翌年、2008年6月9日にiPhone3Gが発表になります。このiPhone3Gが日本初のiPhoneとなり、7月11日に正式発売となりました。キャリア間で販売権を巡り、争奪戦が繰り広げられましたが、ソフトバンクモバイルが販売権を勝ち取りました。このiPhone3Gは、3G(第3世代移動通信システム)に対応し、より快適なインターネット接続が可能になりました。また、正確なナビゲーションを可能にしたGPSなどの機能が搭載されたのも、この機種からです。ホワイト、ブラックの2カラーがあり、16GB、8GB(ブラックのみ)の2種類が発売されました。

処理スピードが向上したiPhone3GS

iPhone3G発売の約1年後には、2009年6月9日に後継機であるiPhone3GSが発売されます。処理スピードが従来の約2倍になり、快適な使用感が得られるようになりました。また、3メガピクセルのカメラ機能、テザリング機能などが搭載されたのも、この機種の大きな特徴です。カラーはこれまで同様にホワイトとブラックで、16GB、32GBの2種が発売されました。

液晶が見やすくなったiPhone4

iPhone3GS発売の翌年、2010年6月24日に発売されたのは後継機iPhone4です。Retinaディスプレイと呼ばれる高性能液晶で、これまでの4倍の解像度を実現しました。

グラフィック面が強化されたiPhone4S

2011年10月5日にはiPhone4Sが発売されます。グラフィック機能は約7倍に向上し、800万画素のカメラが採用されました。また、自然言語処理システム「Siri」が搭載されたのも、この機種が最初でした。

日本ではこれまでのソフトバンクモバイルに加え、auからもiPhoneが発売されるようになりました。

軽量化されたiPhone5

2012年9月21日には、iPhone4Sの後継機「iPhone5」が発売されました。この機種では機能向上をはじめ、外観やフォルムにも大きな変化がありました。液晶画面がこれまでより縦長になり、厚みも7.6mmと大幅に薄くなったのです。また、日本でもLTEへの対応が行なわれ、より高速での通信が可能になりました。