ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

携帯電話のパケット通信とは



携帯電話でインターネットに接続する際、よく耳にするのが「パケット通信」です。ここではその「パケット通信」の基礎知識について紹介します。

パケット通信の基礎知識

パケット通信の基礎知識

パケット通信とは、インターネットや携帯電話でのデータ通信で使用される通信方法のひとつであり、現在の通信環境の中では主流になっています。「パケット」とは英語で「小さな荷物」を意味し、その名の通り、データをいったん細かいまとまりに分割し、通信回線上で処理します。「データの行き先」を記憶させたひとつひとつのデータは、受信先の端末やサーバーなどでもとの形に修復されて、ひとつの大きなデータとして情報を伝えることができるようになるのです。

「回線交換」との比較

パケット通信と比較される通信方法に「回線交換」があります。これは、固定電話や携帯の音声通話の際に使用される通信方法です。通信元と通信先の双方を繋ぐ回線を通信中独占する方法で、通話の品質が高くクリアなことが特徴です。ただし、1通話に1回線を占有してしまうので、日々大量の通信を行なうのにはあまり効率の良い方法ではありません。

ところがパケット通信の場合は、すべての通信で回線を共有することができます。データを細かく分け、同時に送受信することで、データ通信の効率化を図ることができます。

また、万一、一部に障害が生じても他の回線で代用できることから、回線切断のトラブルを減らすこともでき、データ通信に広く使用されています。さらに、データがいったん蓄積される性質を持つため、違う速度を持つ端末間での通信も難なく行なえます。ただし、通話の通信に利用した場合には、音声が遅れて聞こえたり、途中で切れたりするなどの弱点も指摘されています。

パケット通信の利用料金

パケット通信は、大容量データの送受信を得意とするデータ通信方法です。そのため、利用料金の換算は、回線交換による音声通話がその時間によって計算されるのに対して、パケット通信では送受信したデータ量によって計算されます。

各キャリアでは、パケット使用料金の上限を決めたパケット定額サービスを提供しています。現在の携帯電話では、メールでの画像の送受信、アプリや動画のダウンロード、高速通信のゲーム利用やネット閲覧など、様々なデータを大量にやりとりしています。そのため、特別な使い方をしなくても、月に換算するとかなりのパケット通信を行なうケースが多くなっているため、パケット定額サービスへの加入は必須とも言えます。