ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

携帯電話に搭載された
モバイルFeliCaとは



携帯電話はカメラ搭載やインターネット閲覧、メール送受信の他にも、多くの機能が開発されています。ここではソニーが開発し、モバイルシステムが搭載された非接触型ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」について紹介します。

携帯電話に搭載されたFeliCaの技術

携帯電話に搭載されたFeliCaの技術

FeliCaとは、読み取り端末にかざすだけで料金の支払いなどが可能になるICカードです。ICカードとはintegratedcircuitcardの略で、情報を記録できる集積回路を組み込んだカードのことです。Edyなどの電子マネーや、PASMO、Suicaといった交通機関系のプリペイドマネー、社員証など様々な機能を1枚のカードで管理することができます。このFeliCaの情報は暗号化され、すべてを読み取ることができないため安全に使用できます。この仕組みは携帯電話の機能にも応用されています。「おサイフケータイ」「モバイルSuica」などと呼ばれる機能で、携帯電話をかざすだけで料金の支払いなどがキャッシュレスでできるシステムです。

モバイルFeliCaとは

モバイルFeliCaが利用できる携帯電話は、端末内部にモバイルFeliCaのICチップが組み込まれているため、電子決算のできる「おサイフケータイ」や「モバイルSuica」など、利用したいサービスのアプリをインストールして使用します。

ICカード形式のFeliCaと異なるのは、携帯電話の回線を使用し、マネーチャージを行なうことができたり、アプリをバージョンアップできたりする点です。また、カードと同様にICの読み取り部分にかざして利用する他、携帯電話の回線を通じてサーバとやりとりし、ネット上でコンテンツを購入することなども可能です。

ただし、これらの機能が利用できるのはFeliCaチップが搭載された対応端末に限られます。このシステムを2004年に最初に導入したのはNTTドコモで、「おサイフケータイ」という名称でサービスの提供を開始しました。「おサイフケータイ」という名称は、その後キャリアの枠を超えて、共通する呼称として定着しました。

モバイルFeliCaの利用は「モバイルSuica」や「FeliCa対応自動販売機」のような電子マネーによる料金決済だけではありません。例えば、「マクドナルドトクするアプリ」のように、アプリをインストールして会員登録をすることで、店頭で読み取り部分にかざすと、クーポンが利用できるといったサービスもあります。

このように、モバイルFeliCaは、文字通り携帯をお財布代わりにしたり、対応するポイントカード・会員登録などを一括管理したりできる、非常に便利なシステムなのです。