ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

キャリア間の乗り換えを容易にした
番号ポータビリティ



携帯電話はキャリアによって、サービスの価格や内容、使用できる端末が異なります。そのため、サービスや料金などによって、キャリアの乗り換えを検討する必要があります。ここでは、携帯電話の電話番号を変更しなくても、キャリアの乗り換えをすることができる「番号ポータビリティ」について説明します。

番号ポータビリティとは

番号ポータビリティとは

携帯電話を利用していると、様々な理由でキャリアの変更を検討することがあります。例えば、携帯電話にかかる費用を見直したいときや、新たに利用したい端末やサービスが提供されることがきっかけとなるケースが多く見受けられます。しかし、この乗り換えに対して大きな壁となっていたのが、キャリアごとに設定されていた電話番号の割り当てです。携帯電話の電話番号は、サービス開始当初から、上6桁までの数字をキャリア別に振り分けていました。例えば090-100はNTT四国、090-101はNTT中国といったように、6桁の番号を見れば、どこのキャリアで、場合によってはどこのエリアで発行された携帯番号なのかまで分かるようになっていたのです。

ところが、キャリア別に番号が管理されていたことにより、ユーザーにとっては弊害がありました。それは、キャリアを変更するためには、携帯電話の番号を変えなくてはならないということです。番号を変える際には、友人や知人はもちろん、不動産会社やカード会社など、その携帯電話番号で登録しているすべての機関へ変更連絡をしなくてはいけません。また、名刺などに携帯電話の番号を印刷している人は、それらもすべて刷り直さなければならず、大きな手間と費用がかかっていました。そのため、携帯電話のキャリア乗り換えは容易ではありませんでした。

番号ポータビリティの登場

これらの問題を解決したのは「番号ポータビリティ」(以下MNP)です。MNPは平成18年10月からスタートした制度です。MNP導入によって携帯電話利用者がキャリアを変更しても、電話番号はそのまま変わらず利用できるようになり、番号を変更したという旨を知人などに連絡する手間が省けました。また、携帯電話各社の間では他キャリアへの流出を避けるべく、サービスや価格競争が促進され、顧客サービスの向上へと繋がりました。

番号ポータビリティを利用する際に注意すること

電話番号をそのまま利用できるようになったことで、これまでキャリア変更を躊躇していた利用者も、自由にキャリアを選べるようになりました。ただし、MNPはあくまで番号を維持するための制度です。キャリア乗り換えの際には、以下のような点に注意する必要があります。

  • キャリアから発行されたメールアドレスが使えなくなること
  • キャリアの設定する年間割引を利用している場合は解約金がかかること
  • これまで利用していたキャリアの端末は使用できないこと