ご希望の通信キャリア情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
通信キャリア
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電話・通信情報

現代社会における電気通信事業者の役割



固定電話や携帯電話などを提供しているのが「電気通信事業者」です。電気通信事業者は、現代社会の中で、一体どのような役割を担っているのでしょうか。ここでは電気通信事業者の定義と、その代表的な会社、及びサービス内容をご紹介します。

電気通信事業者とは

電気通信事業者とは

電気通信とは、有線もしくは無線などの電磁を使った方法で、映像や画像、音声、文字などのデータをやりとりすることを言います。これらのサービスを提供する会社が「電気通信事業者」です。一般的には固定電話・携帯電話などの通信環境を保持し、提供する会社のことを指します。行なっている事業の特性から、電気通信事業者は、「通信キャリア」や「キャリア」などと呼ばれることもあります。これらの会社や提供されるサービスは、現代の発達した情報社会にとって、欠かせない存在になっています。

代表的な電気通信事業者

日本国内にはいくつかの「電気通信事業者」があります。そのうちの代表的な会社と、その系列の会社のサービス内容を簡単にご紹介します。

NTTグループ

NTTコミュニケーションズ
主に国際電話サービスやインターネットプロバイダ事業などを行なっています。
NTT東日本NTT西日本
主に固定電話・電報などの通信サービスを提供しています。
NTTドコモ
携帯電話事業を主としています。

ソフトバンクグループ

ソフトバンクBB
ADSLサービス、IP電話サービスの提供及びIT関連商品の販売を行なっています。
ソフトバンクテレコム
主に法人向け電話サービスやインターネットのインフラを提供しています。
ソフトバンクモバイル
主に一般向け携帯電話事業を行なっています。
ウィルコム
主にPHSを提供する事業を行なっています。

KDDIグループ

KDDI
国内外の固定電話サービス、専用線及びプロバイダ事業、auブランドの携帯電話などのサービスを提供しています。
沖縄セルラー電話
沖縄にて携帯電話事業を行なっています。
UQコミュニケーションズ
主に「UQWiMAX」などの無線データ通信事業を行なっています。

フュージョン・コミュニケーションズ

主にIP電話サービス及びプロバイダ・ホスティング、インターネット接続サービスなどを提供しています。現在は楽天グループに属しています。

UCOM

光ファイバー通信サービスやIP電話、モバイルサービスなど、個人・事業者向け事業を展開しています。

この他にも、ケーブルテレビ会社や電力系、空港専用の無線サービスを提供する会社など、多くの電気通信事業者が存在しています。